誕生と再生

 

“生きたい”。10歳の少女は、その “大きな “決断をはっきりと告げた。

これは台湾映画『ビッグ』の台本である。病院でがんと闘う子供たちの話である。映画の中で何人かが亡くなっても、彼らは生きたいと願い、最後まで闘い続ける。闘病のシーンは、日本のチームによるアニメーションで創造的に描かれている。

映画はミネソタ大学内の劇場で上映された。夫と娘も行った。観客のほとんどは感動して涙を流し、ユーモラスな台詞に笑っていた。映画は私の故郷、台湾南部の高雄で撮影された。

映画の後、台湾からアメリカに飛び、2週間にわたってアメリカとカナダの大都市をツアーした映画監督にインタビューすることができた。

テシェン、ウェイ監督に、なぜ病院でクリスマスを祝うという脚本を書いたのか聞いて、彼はクリスチャン3世なんです。彼は映画から誕生と再生のアイデアを伝えたいのだという。「病気と闘うのは勇気のいることだが、全力で闘うことで尊敬を得ることができる。

映画の中で10歳の少女は、他の子どもたち患者やシングルマザーである自分の母親を励ます輝く星であり、病院で年上の男の子に「好きです」と大胆にも告白した。化学療法を受けた後、少女は母親にこう尋ねた。母親は「あなたが泣けば、心配が減るから」と言った。しかし、母親が驚いたことに、少女は母親に 「あなたが泣けば、私もあなたの心配を減らせる」と言った。

最後には、白血病の巨人が少女の心臓に剣を突き刺し、少女が地面に倒れ込むというアニメーションが映し出された。しかし、巨人は膝をついて少女に敬意を表し、「君は今まで見た中で一番タフだ 」と言った。

映画の最後では、赤ちゃんが病院で生まれたの撮影と出演者全員の生年月日が表示されますた。ウェイ監督は、これらの生年月日は子役たちの実際の日付だと語った。そして映画の中で、10歳の少女の母親は少女に、戦うのに疲れたら天使に戻ってもいいと言った。つまり、母親は悲しみながらも、娘を手放すことを望んでいるのだ。

 なぜかって?母親は、この子の愛によって神が新しい命を与えてくださったことを認識するからだ。彼女は、自分が愛されていると感じ、他の人を愛することができるように、天使のようなこの子を与えてくれた神に感謝する。

ウェイ監督は、2019年に投資家に裏切られ、映画製作のために多くの借金を負ったと私に言った。彼の両親は心配して映画製作をやめることを望んだが、それでも彼のために祈り、彼の映画を気に入ってくれた。しかし、苦難の中、ウェイ監督は、かつて自分を頼っていた放蕩息子のように、自分の人生をイエスに捧げるために戻ってきた。この物語は、苦難を乗り越え、多くの祈りからこの映画『ビッグ』を作り上げたウェイ監督の再生でもあると思う。

私のアメリカ人のクリスチャンの友人は、この映画を「悲しみをもって人々に感動を与えるが、喜びという希望をもたらす」と褒めている。

私も希望を感じている。たとえこの地上での人生で死に遭遇しても、人生の創造主であるイエス・キリストを信じるすべての人は、死が永遠の喜びの人生への扉を開いてくれることを期待する。

“I want to live.” the 10-year-old girl firmly announced her “big” decision.

This is the script in the Taiwanese movie “Big”. It is about the children fighting against cancer in the hospital. Even though some of them passed away in the movie, they want to live and keep fighting until the end. The scene of fighting the illness is creatively illustrated by animation made by a Japanese team. The movie was played in the theater inside the University of Minnesota. My husband and my daughter also went. Most of the audience were touched and cried, but also laughed with the humorous dialogue. The movie was shot in my hometown, Kaoshiung in southern Taiwan.

After the movie, I got to interview the movie director, who flies to the USA from Taiwan and toured in several big cities in the USA and Canada for two weeks.

I asked the director Te-Sheng, Wei about why he wrote the script about Christmas celebration in the hospital. Wei told me that he is a 3rd generation Christian. He wants to convey the idea of birth and rebirth from the movie. “I want to tell people that it takes courage to fight against the illness but you will earn the respect when you fight with all you can.”

In the movie, the 10-year-old girl was a shining star to encourage other children patients and her own mom, who is a single mother, and even boldly told the older boy in the hospital that she likes him. After having chemotherapy, the girl asked her mom: if I cry, will you be ok? Her mom said, “if you cry, I will worry less for you.” because her mom wants to allow the girl to express her emotion. However, to the mother’s surprise, the girl said to her mom, “Then if you cry, I will also worry less for you.”

In the end, the animation showed that the giant of leukemia pushed the sword into the girl’s heart and the girl fell to the ground. But the giant knelt down on his knees and paid respect to the girl, saying “you are the toughest one I have ever seen.”

The ending is showing the birthdates from all the actors, showing the babies were born in the hospital. Director Wei said those birthdates are real dates for the child actors. And in the movie, the 10-year-old girl’s mom told the girl that she can go back to being the angel if she is tired of fighting. That means the mom is sad but willing to let go of her daughter.

Why? Because the mom recognizes that God has given her new life through this girl’s love. She thanks God for giving her this child like an angel so that she feels loved and now can love others.

Director Wei told me that he was betrayed by the investor in 2019 and owed a lot of debt for making the movies. His parents want him to quit making movies out of worry but still pray for him and like his movies. But during the hardship, Director Wei came back to submit his life to Jesus like a prodigal son who once depended on his own. I think this story is Director Wei’s rebirth too after all the suffering and made this movie “Big” out of a lot of prayer. 

My American Christian friend compliments this movie, touching people with sadness but bringing hope of joy.

I feel hopeful too. Even though we may encounter death in this life on earth, all people who believe in their life creator, Jesus Christ, shall expect death to be a door opened to everlasting life of joy.

 

Be me

自分らしく

When I studied in New York City, someone used to say, “Even if you wear your pajamas to walk on the street, New Yorkers won’t feel strange and might regard it as a fashion the next day.”

 

In the beginning, I thought it’s an exaggeration because the fashion business in New York City draws a lot of attention from the whole wide world. That could be why life here is gilded with unrealistic fantasy. 

 

However, after I got more familiar with local people here, I learned that their confidence may be the reason to show that they are so comfortable with being who they are, even in pajamas.

ニューヨークに留学していた頃、”パジャマで街を歩いても、ニューヨーカーは違和感を感じないし、翌日にはファッションとして見てくれるかもしれない “とある人が私に言っていた。

 

最初に聞いてとき、ニューヨークのファッション・ビジネスは世界中から注目されているからだ、だからこそ、ここでの生活は非現実的なファンタジーに彩られているのかもしれないと思いました。

 

しかし、現地の人たちとの交流を深めていくうちに、パジャマ姿であっても、ありのままの自分でいることが心地よいのは、彼らの自信の表れなのかもしれないと思うようになった。

 

The next day after I moved into the student dormitory, I met Lisa, looking like a Latino, for the first time at the front desk working in my student dormitory. Lisa lifted up her head from her book when I walked into the lobby. I was shocked to see her face like the abstract painted by Pablo Picasso: one of her eyes was bulging, the other eye squinted, and her facial muscle drooped. I felt shocked and didn’t know how to react. She didn’t seem to smile or maybe she couldn’t move her facial muscles to smile. I didn’t speak much English at that time, so I felt more terrified like a kid doing something wrong, standing in front of her.

 

学生寮に移った翌日、私は学生寮のフロントで働くラテン系らしきリサさんに初めて会った。私がロビーに入ると、リサさんは本から顔を上げた。パブロ・ピカソが描いた抽象画のような彼女の顔を見てショックを受けた。ひとつの眼球突出、もう片方の目は眼瞼下垂、顔の筋肉は垂れ下がっていた。私はショックを受け、どう反応していいかわからなかった。彼女は微笑んでいないように見えたし、あるいは微笑むために顔の筋肉を動かすことができなかったのかもしれない。当時、私は英語をあまり話せなかったので、彼女の前に立つと、何か悪いことをしている子供のような恐怖を感じた。

 

Everyday I walked by the frontdesk, starting to say “Hi and Bye” to her, trying to be polite. After a few times I needed to ask her about the things in the building, I became more comfortable to chat with her about what books she was reading or liked to read. I seemed to sense her gentle smile from within even though I didn’t see her moving her lips. 

毎日フロントデスクの前を通りかかると、礼儀正しくしようと「こんにちは、さようなら」と声をかけ始めた。何度か彼女に館内のことを尋ねる必要が出てくると、彼女が読んでいる本や好きな本についておしゃべりするのが楽しくなってきた。彼女が唇を動かしている様子は見えないが、内面から彼女の優しい微笑みを感じ取っているようだった。

 

In the second year of graduate school, I worked part time in the computer lab in my department. My supervisor Shannon is an African American. She often spoke in a loud and rude tone. Her eyes and nostrils seemed to open wide when she shouted at the top of her lungs. Her eyebrow was like the angry bird cartoon. You can imagine I was a typical timid Asian and was terrified by her sharp personality when I first met her. 

大学院の2年目、私は学科のコンピューター・ラボでアルバイトをしていた。上司のシャノンはアフリカ系アメリカ人。彼女はしばしば大声で無礼な口調で話した。大声で怒鳴るとき、彼女の目と鼻の穴は大きく開くようだった。彼女の眉毛はアングリーバードの漫画のようだった。典型的な気弱なアジア人だった私が、彼女に初めて会ったとき、その鋭い性格に恐怖を感じたことは想像に難くない。

 

After a few months working with her, she often told jokes with a loud laughter or humorously teasing her husband. When she knew that my parents were coming to attend my graduation ceremony in summer, she bought two extra tickets for my parents when she treated all her employees with a boat cruise in NYC.

 

In this city of diversity, I learned that each person has his or her story and unique personality no matter where they are from. Therefore, when I don’t judge people by appearance or assumption, but take time to enjoy and appreciate them in heartfelt relationships, strangely, I seem to gain confidence to be myself too. 

数ヶ月一緒に働くと、彼女はよく大声で笑いながらジョークを言ったり、ユーモラスに夫をからかったりするようになった。夏に私の両親が卒業式に来ることを知ると、彼女は社員にニューヨークのボートクルーズをふるまった際に、私の両親のために2枚余分にチケットを買ってくれた。

 

この多様性の都市で私は、どこの国の人であろうと、それぞれにストーリーがあり、ユニークな個性があることを学んだ。だから、外見や思い込みで人を判断せず、心のこもった人間関係の中で、その人を楽しみ、感謝する時間をとると、不思議なことに、自分も自分らしくあることに自信が持てるようになるようだ。

In Paris

I traveled to London and Paris for 8 days this past week. Seeing the business of big cities is like going back to my hometown in Taipei ,Taiwan. In London, the workers in the tourist spots are gentle and understanding, without rushing but encouraging us to take our time.

In Paris, the cheese and vegetables are fresh. The desserts are not so sugar filled like in USA. So we enjoy it more.

However, the crowd on the subway in Paris made me nervous because I read about pocket lifters from YouTubers. So I watched the environment carefully around me and held my purse in front of me. But it happened too quickly without my notice. There was a white couple in the train standing in front of me. The man seemed to protect his pregnant wife with his hand on her shoulder so that I cannot go through between them. I felt pushed from behind so I couldn’t move anywhere.

この1週間、ロンドンとパリを8日間旅した。忙しい大都市を見ていると、故郷の台湾・台北に戻ったような気分になる。ロンドンでは、観光地で働く人々は優しく、理解力があり、急かされることなく、ゆっくりするよう促してくれる。

パリではチーズも野菜も新鮮だ。デザートはアメリカのように砂糖たっぷりではない。だからもっと楽しめる。

しかし、パリの地下鉄の混雑は、YouTuberからすりについて読んだので、私を緊張させた。だから、周りの状況を注意深く見て、財布を前に持っていた。しかし、それは私の気づかないところであっという間に起こった。電車の中で白人のカップルが私の前に立っていた。男性は妊娠中の妻みたいの肩に手をかけて守っているようで、私はその間を通り抜けることができない。私は後ろから押されたような気がして、どこにも動けなかった。

 

 After I retreated to a corner to get a spot to stand, I thought about this pregnant woman and offered her my spot for more space. She thanked me but didn’t move. Soon came the next stop and this couple were getting off. Before they exited the door, the woman turned her face to me and smiled at me, saying “Thank you” for my kind gesture to her. 

Right after the crowd was gone, I looked down my purse and found the zipper was halfway opened. My heart sank and immediately checked if my smartphone was inside. I didn’t have cash or credit card in my purse, but the phone was essential to my trip with the airline boarding pass and the photos memory.

I was so relieved to find my phone was still safe in my purse. And I know Jesus listened to many people’s prayer for me to surround me with His angels. 

On the streets we walked a lot, I noticed I sang songs softly from my mouth, which is not usual for me to do in my daily life. I feel the songs are the lullabies Jesus was singing to me and assured me “I am right here with you. Don’t worry.”

I tend to easily get nervous with small shocks. So I know this peace is beyond my personality or any psychological effect. Jesus said His peace for us is a gift that cannot be bought in the world. And I am so glad that Jesus Christ’s peace guards my heart to not be troubled, nor be afraid in any uncertain time or place. (Refer to John 14:27)

私は立ち場所を確保するために隅に引っ込んだ後、この妊婦のことを思い、もっと広い場所を確保するために彼女に私の場所を提供した。彼女は私に感謝したが、動こうとはしなかった。やがて次の停留所が来て、このカップルが降りようとしていた。ドアを出る前に、その女性は私に顔を向け、「ありがとう」と微笑んだ言った。

人ごみが去った直後、財布の中を見ると、ファスナーが半分開いていた。私の心は沈み、すぐにスマートフォンが中にあるかどうか確認した。財布の中には現金もクレジットカードも入っていなかったが、スマホは航空会社の搭乗券と写真のメモリーと一緒に私の旅に欠かせないものだった。

スマホが財布の中で無事だったことに、私はとても安心した。そして、イエスが多くの人々の祈りを聞いて、私を天使で包んでくれたことを知っている。

旅行中たくさん歩いた道では、普段の生活ではあまり歌わない歌を口ずさんでいた。その歌は、イエスが私に歌ってくださった子守唄のような気がする。私に「心配するな」と言ったような気がする。

私は小さなショックですぐに緊張してしまう。だから、この平和は私の性格や心理的影響を超えたものだとわかっている。イエスは、私たちへの平和は、この世で買うことのできない贈り物だと言われた。そして私は、イエス・キリストの平和が、どんな不確かな時でも、どんな場所でも、悩まず、恐れず、私の心を守ってくださることをとても嬉しく思う。(ヨハネ14:27参照)

weight of glory in the heart

1.A friend invited me to attend a drawing activity hosted by Urban sketchers Twin Cities in the museum called James J. Fiorentino Museum.

All the collections in the museum were donated by James, who loved to collect many interesting designs of cuckoo clocks and other vintage musical instruments.

友人に誘われて、Urban sketchers Twin Citiesが主催するJames J. Fiorentino Museumというミュージアムでの描画のイベントに参加した。

この博物館のコレクションはすべて、鳩時計やヴィンテージの楽器など、面白いデザインのものを集めるのが好きだったJamesさんが寄贈したものだ。

 

  1. I carefully chose a spot to sit down on my little bench, trying to avoid blocking other painters from viewing their sketching objects. The whole museum was only opened for reservation by our group. Therefore, the only sound I heard in this small and quiet place is the coco sound from different cuckoo clocks with different time. After we finished, everyone put their sketch book on the ground and we walked around in the circle to appreciate each drawing. Each painting has its one of a kind style. There are so many styles of painting, just like all kinds of flowers in the garden. That makes you feel that you are unique and cannot be compared. I also met a Japanese lady who painted with elegant strokes.

私は、他の画家たちのスケッチの邪魔にならないよう、慎重に場所を選んで持ってきた小さなベンチに座った。博物館全体は、私たちのグループの予約のためだけに開かれていた。そのため、この小さい静かな場所で私が聞いた唯一の音は、時間の異なる鳩時計から鳩の鳴き声を聞こえて鐘の音だけだった。

三時間後、参加者たちのスケッチブックを地面に置き、輪になってそれぞれの絵を鑑賞した。どの絵も、自分らしいスタイルを持っていますのて、まるで庭に咲くいろいろな花のように。そう考えると、自分は唯一無二の存在であり、比べることはできないと感じる。優雅な筆致で絵を描く日本人女性にも出会った。

 

  1. While drawing through observation, I noticed that each cuckoo clock has two or three pinecone-shape weights, hanging on chains.

The weights are the power sources that store energy and release it in a controlled manner to keep the clock ticking.

This reminds me of Taipei 101 in Taiwan, which was the tallest building in the world from 2004 to 2010. I visited this building a few years ago and saw the Mass Damper, a huge steel ball that counters the wind force and stabilizes the building in the typhoons.

観察しながら描いているうちに、それぞれの鳩時計には2つか3つの松ぼっくりの形をした錘が鎖で吊るされていることに気づいた。

錘はエネルギーを蓄え、それを制御された方法で放出して時計を刻み続ける動力源である。

 

これを見ると、2004年から2010年まで世界一の高さを誇った台湾の台北101を思い出す。私は数年前にこのビルを訪れ、マスダンパーという巨大な鋼球が風力に対抗し、台風の際にビルを安定させるのを見た。

 

  1. I wonder about my life. Is there a weight to give me power to move on or a big ball in me to stabilize the mental shock from the world?

The bible says,  “Man shall not live by bread alone, but by every word that comes from the mouth of God.” (Matthew 4:4)  

When I am in despair or weak, calling Jesus’ name gives me strength to keep living.

When I feel terrified by the troubles, praying Jesus’ word calms me down to gain hope.

The name of Jesus and His word are my power and stabilizer. 

自分の人生について考える。前に進む力を与えてくれる重りや、世間からの精神的ショックを安定させるマスダンパーが私の中にあるのだろうか?

聖書には、イエスはただパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つのことばによると言われた。(マタイの福音書4:4)

絶望に打ちひしがれているとき、弱っているとき、イエスの名を呼ぶと、生き続ける力が湧いてくる。

悩みによって恐怖を感じるとき、イエスのことばを祈ることで心が落ち着き、希望を得ることができる。

 

平和の君と呼ばれるイエスの御名と御言葉は私の力であり、安定剤なのです。

あなたの人生で何が好きですか

あなたの人生で何が好きですか。私のほとんどの若い人生に答えることができませんでした。しかし最近、年齢が高くなるので、私がやりたいことのリストを書き留めました。誰も喜ばずに簡単です。 読み取り、書き込み、旅行など。あなたは神の創造に特別な存在のひとから、世界にあなたのような人はいない。
あなたにしかできることを見つけましょう。

あなたが自分にきらいですか

あなたが自分にきらいですか?自分を他の人と比較しますか?私はこれらの考えに抑圧され、ほとんど死にたいと思っていました、人生に希望がないので。
ある日、私はすべての罪深い不満を神に告白します。私は神に助けを求めます。
神は言います:神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。(https://www.wordproject.org/bibles/jp/01/1.htm

その日以来、私は少しずつ自分が好きです。